一昔前は愛人になる女性は、銀座の元ホステスで、社長に買ってもらったマンションに住み、毎月手当をもらい、
働かなくてもエステサロンに通ったり、ショッピングを楽しんだりと贅沢な生活を送っている。
そんなイメージが強いのではないでしょうか?
しかし現在の愛人事情は大きく変化しつつあります。

どんな女性が愛人募集に応募するのか?

ではどんな女性が愛人募集に対して応募するのでしょうか?
愛人サイトの出現によって、立ち位置が大きく変化しました。
ごく一部の人だけの楽しみではなく、もっと幅広く多くの人が楽しめる楽しみになったのです。
例えばマンションを購入し、手当だけで贅沢な生活をしようと思ったら、マンションが億ションで手当ては月100万円以上。
そんなレベルでなければいけません。
確かにこんなお金の使い方が出来るのは、社長レベルでなければ難しいですよね。

しかし現在はもっとお手軽価格の手当でも、多くの女性が愛人募集に応募してきます。
なぜかというと、それだけ生活が苦しいと思っている女性が多いからです。
アベノミクスによって、正社員の数が大幅に減少し、非正社員の数が増えました。
非正社員の大半は女性です。そして非正社員では1日8時間以上、週5日、真面目に働いても手取りで15万前後にしかなりません。

そうすると、一人暮らしをするには厳しい金額です。
足りないお金は副業で稼ぐ、そんな人も少なくありませんが、副業をすると自分の時間がほとんどなくなってしまいます。
そのため一般女性が、副業の代わりに愛人サイトを利用する時代なのです。

愛人は副業の代わり

愛人は副業の代わりなので、生活費の全てを手当てで賄おうとは思っていません。
生活費の足りない部分を補えれば、それで十分なのです。
ですから、手当は、月に10万円前後ぐらいが現在の愛人サイト内での相場なのではないでしょうか?
そして、月10万円ぐらいなら、社長のようにお金持ちではなくても、小金持ちぐらいでも愛人サイトをする利用する事が可能です。
つまり男性も女性も、一昔前と比べると、簡単に始められるわけです。
不倫をするのも、愛人になるのも、昔と比べると抵抗感はなくなりつつあると言えるでしょう。

愛人になって生活は変わる?

ただ、一昔前と比べると、贅沢は出来ないかもしれませんが、それでも生活は一変します。
それまでは、生活がギリギリで、オシャレや外食など、いろいろと我慢していた事もあるでしょう。
それが自由になるお金が増えた事で、生活に余裕が生まれて、自分の好きな事が出来るというメリットがあります。
すごく贅沢は出来なくても、プチ贅沢が出来るようになるわけですから、愛人サイトを利用する価値は十分にあると言えるでしょう。